女の子の産み分けになんで【ピンクゼリー】を使うの?

ピンクゼリーは、産み分けゼリーとも呼ばれます。グリーンとピンクがありピンクのほうは膣内の環境をより確実に酸性寄りに保つことが可能です。この産み分けゼリーは性交渉を行う直前に女性の腟内に注入することで男の子か女の子を生み分けやすくすることが可能な仕組みとなります。

女の子の産み分けにどうしてピンクゼリーを使うのかについてですが、膣内の環境を酸性寄りにすることによって精子が持つ性染色体の特性を利用することでより女の子が生まれやすくなります。女性が持つ「X染色体」を持つ精子は酸性に強く、アルカリ性に弱いという性質を持っており反対に男性が持つ「Y染色体」はアルカリ性に強く酸性に弱いという性質があります。

【ジュンビーピンクゼリー】はどこで手に入るの?

産み分けゼリーの商品で広く知られているものがジュンビーピンクゼリーです。このジュンビーピンクゼリーの特徴は、産婦人科医とメーカーとが共同開発しており管理医療機器として認定されているため品質と信頼の高い商品として広く定着しています。従来のピンクゼリーの改良品ではなく、メーカー元のジュンビー株式会社が独自開発した完全な新商品で販売しているということも特筆事項といえるでしょう。

どこでジュンビーピンクゼリーが販売されているのかですが、通販サイトで販売されており入手については比較的容易といえるでしょう。価格については約1万4千円となっておりこの価格は他者が2万円近くするためコストパフォーマンスが高いです。

【ジュンビーピンクゼリー】の使い方~実際に使ってみると

ジュンビーピンクゼリーの使い方についてですが、まずこのピンクゼリーの形状は1本ずつ個包装のタンポン状となっています。1本につき1回分のゼリーが充填されていて使い切りタイプとなります。

最初に包装から容器を取り出して容器の先端キャップを抜いておきます。性交渉の直前において膣の中にシリンジの先端を5cm程度入れ、ノズルを奥に押し込むとゼリーの中の成分が膣に向かっていくという仕組みです。ゼリーは、無色透明でありべとつくなどの嫌な感触はありません。

最初のうちは勢いよく飛び出すので人によってはびっくりすることもありますが、すぐになれるでしょう。膣にしっかりと入れた状態でノズルを押し出せば液漏れの心配はないといえるでしょう。

具体的なジュンビーのピンクゼリーの使い方・女の子確率アップ大作戦

より具体的なジュンビーピンクの使い方としては、排卵日の2日前か前日のタイミングに使用するとおすすめといわれています。これは、排卵日の2日前及び前日については膣内の酸性度がより高まるという特徴があるためです。その環境下でジュンビーピンクゼリーを使用することによって安定的に酸性の環境を作ることができるというわけです。

使い終わったら、あとはピンクゼリーの容器を抜いておいてから性行為を行うということになります。従来のピンクゼリーとジュンビーのピンクゼリーの違いとしては、従来のものは温める必要があるために手間がかかるデメリットがあります。一方、ジュンビーのピンクゼリーのほうは温める必要がなく手早く使用できるという点でも魅力です。