産み分けにカフェインは影響するのかですが、結論から言うと影響力はあります。女の子がほしい人はコーヒーを控えた良いといわれるのも、含まれるカフェインの影響を受けるためであり、男の子を希望するなら摂取をしたほうが良いです。

男の子を希望するなら男性はカフェインの摂取を

産み分けにカフェインは影響するため、男の子希望なら摂取は有効です。この場合カフェインを多く含むコーヒーを飲むのはパートナーの男性であり、女性側は積極的にコーヒーは飲まないようにします。パートナーとのスキンシップの、およそ30分ほど前に男性がコーヒーを1杯飲んでおくだけで、精子の活動が活発になります。男の子になるための精子が途中でダウンすることなく、着床する確率が上がるためです。飲みすぎると健やかな精子の遺伝子を損傷させることがあるので、1杯にとどめておきます。逆に女性はコーヒーを控えたほうが良いのは、着床率が低下をするためです。

女性はコーヒーの代わりにハーブティーを

産み分けにも影響をするカフェインを、たっぷりと含む代表はコーヒーです。男女ともにコーヒーが好きな人は多いですし、気分転換やリラックスをしたいとき、眠気を覚ましたいときにも好まれます。でも女性が産み分けを意識しているならば、コーヒーは控えたほうが無難であり、ハーブティーなどに置き換えることです。様々な香りと味わいを楽しむことができますし、ハーブは心を癒してくれます。女性がアルコールやコーヒーを控えたほうが良いといわれるのは、含まれるカフェインが胎盤をそのまま通過するためです。赤ちゃんは大人のように成分の分解して排出をする力が弱いため、摂取をすると赤ちゃんの体内に蓄積をされます。

何を食べ何を飲むべきかの判断ポイント

産み分けにも影響をするカフェインは、コーヒー以外の飲み物にも含まれています。1杯140mlを目安としたときの含有量は、インスタントコーヒーなら56㎎、ドリップコーヒーなら95㎎、エスプレッソコーヒーであれば52㎎です。ふわふわの泡のカプチーノは47㎎、ミルクたっぷりのカフェラテでも47㎎含まれています。紅茶には70㎎含まれますし、抹茶なら45㎎、緑茶は28㎎と、普段何気なく飲むお茶にも含まれるため、お茶の飲みすぎには注意です。食べ物で気を付けたいのはチョコレートであり、中枢神経系を興奮させるだけではなく、胎盤を通過してカフェインが胎児に移行をするので、食べるのは控えるようにします。

まとめ

産み分けを成功させるためにも、影響力を持つカフェインには要注意です。男性はコーヒーを飲むなら1日に1杯ほどにとどめておくほうが良いですし、女性の場合は心がけて控えるようにします。成分が骨盤を通ることで、赤ちゃんにも大きな影響力を及ぼすためです。