現代医学においては、男女を産み分けすることは可能になっています。ただ、医療機関における治療には抵抗があるという人も多く、その場合はサプリメントを用いるなどして自然に近い形でありながら、男女を分ける準備を整えることになります。

男の子になるか、女の子になるかのカギ

子宮の中の卵子に精子が結合した時点で、両者の持つ遺伝子が一つになり、一人の人間が形成されます。その際に、男の子か女の子かを決めるカギを握るのが、染色体です。アルカリ性が優勢になった時には男の子に、酸性が優勢になった時には女の子になるということが分かっており、そのためにどうすべきかという方法も具体的に紹介されています。インターネット上には、排卵日を基準にどのタイミングで性交を行うかや、どのように性向を行うと男女の産み分けができるかといった情報まで掲載されており、産み分けたい人には参考になると思われます。

男児を生むのに効果的とされるサプリメント

医療現場では、無脳児を予防するためにリン、カルシウム、鉄分を含んだサプリメントを開発し、それを妊婦に飲んでもらって生まれた胎児を臨床したところ、無脳児とすることに成功しました。その際、生まれた胎児がすべて男の子だったことから、男の子を生むには効果的なサプリメントであるという認識が、一気に広まりました。今では、もともとの無脳児予防のためだったことが置き去りにされ、男児を産み分けるためのサプリメントとして知られているほどです。ただ、この臨床結果による男児の数の多さは、リン酸カルシウムの効果以外に考えられないとされ、リンカルカルシウムというサプリメントが定着しています。

どうしても女の子が欲しいという場合

どうしても女の子を授かりたいという時には、リンカルカルシウムを飲むのは逆効果になりますので、避けることになりますが、女の子の場合はクランベリーが有効というのが定番です。ただし、女の子の産み分けは、男の子の場合よりも難しいとされています。さらに、クランベリーにはリンカルカルシウムほど臨床結果が揃っているわけではないので、はっきりしたことは言えないのが実情です。そのため、女の子を授かりたいという人はリンカルカルシウムの摂取は避け、後は複数の産み分け方法を実践しつつ、結果は天に任せるのがいいのかもしれません。男の子を授かるリン酸カルシウム効果は、偶然の産物でわかったと言えるでしょう。

まとめ

無脳児を予防するために投与されたリン酸カルシウムが、思いがけず男児の産み分けに役立つということが分かってから、リンカルカルシウムというサプリメントが人気となりました。女の子は男の子ほど確かな臨床結果が出ていませんが、クランベリーが役立つという情報があります。