現代では医療における男女の産み分けが可能となっていますが、医療で産み分け治療を行うことに抵抗を覚える人も少なからずいます。産み分けはしたいけれど医療に頼ってまではと思うのであれば、古くからある中国の知恵に頼るのもいいでしょう。

独特のカレンダーと計算方式から弾きだす

中国式の産み分け方法は、女性の年齢と受胎した月によって、子どもの性別を当てるというものです。起源は今から700年前も前にさかのぼり、当時の出生記録の統計が根拠になっているという、気の遠くなるような作業で作られたカレンダーを利用します。ただ、ご存知の通り中国は人口の多い国ですので、その国の出生記録をもとに弾きだされた確率となると、ちょっと試してみようかなという気になるでしょう。お金もかからず、妊婦の体に負担をかけることもない中国式の産み分け方法は、産み分けはしたいけれど、ダメでもともとという気持ちで取り組める人向けかもしれません。

気を付けるべきは700年前の記録が基であること

中国式の一番の重要アイテムであるカレンダーは、700年前に作られました。当時は現在の太陽暦ではなく、旧暦の太陰太陽暦が用いられていましたので、女性の年齢は数え年で考える必要があります。数え年の何月に受胎すると希望通りになるかをカレンダーで見ながら、妊娠計画を練っていくことになりますが、その結果は驚くべき数字になっています。アメリカ人では85%、アジア人では80%、中国人に限るなら99%とほぼ望み通りの産み分けができているからです。人種の差がどのように影響するのかはわかりませんが、試してみる価値ありと思えてきます。

自動計算ツールも存在するので活用しよう

インターネットサイトでは、自動計算してくれる中国式産み分けカレンダーがありますので、それを利用して面倒な計算を簡単にすることができます。計算が苦手という人は、これを利用して試してみるといいでしょう。一度ではなく、二度、三度とトライすることになるかもしれませんから、そのたびに苦手な計算と取り組むことになったのでは、それが苦痛で続かなくなってしまう恐れがあります。計算式サイトによると産み分けの成功確率は70%台にまで下がりますが、簡単にできる方法として中国式の計算式を基にするやり方は、かなり効果的だといえます。

まとめ

産み分けをするには、病院で医療的に行う方法や、ゼリーを用いる方法などがありますが、どちらも体への影響や金銭的負担が気になります。その点、中国式の方法ならお金も体への負担もかからず、それでいてかなりの高確率で希望通りになる可能性があります。