健康な赤ちゃんが生まれてくれれば性別はどちらでも良いものですが、特に二人目になると性別に関する希望というのはどうしても出てくるものです。しかし、男の子と女の子を完全に産み分ける方法は医学が進歩した現在でも存在しません。

精子には2種類あることを知っておこう

とはいえ、男の子が生まれる仕組みと、女の子が生まれる仕組みに関しては判明しているので、例えば女の赤ちゃんが欲しいという場合、女の子が生まれる仕組みが出来るように仕向けていけば、産み分けによって女の赤ちゃんが生まれる可能性は高くなる等言うわけです。オン案お赤ちゃんが生まれる可能性を少しでも高めるためにはどのようなことをおこなえば良いのでしょうか。まず、精子には2種類あるという事を知っておくことから始めましょう。卵子にどちらの静止画受精するかによって性別が決まります。男の精子の染色体はXY染色体、女の精子の染色体はXX染色体です。

膣内を酸性に保つことで産み分けが

つまり、卵子に女性が生まれる精子の染色体であるXX染色体をもつ精子を受精させるように仕向ければ女の赤ちゃんが生まれるというわけです。精子はアルカリ性という性質を持っていますが、膣内は酸性です。そのため、ほとんどの精子が卵子にたどり着く前に死滅します。X精子はY精子と比べると酸性に対する体制が強いことが挙げられます、つまり通常の状態だとX染色体をもつ精子のほうが受精しやすいです。ところが排卵日とオルガズムの状態によって、膣内がアルカリ性に傾くことがあります。排卵日の23日前に淡白な性行為をおこなえばアルカリ性に傾くッことを防げます。

より確率を高めたいなら潤滑ゼリーを

このように性行為や排卵日に注意することによって、女の子の赤ちゃんが生まれる可能性を高めることが出来ますが、もっと可能性を高めたいという人には潤滑ゼリーという商品があります。潤滑ゼリーに酸性成のものとアルカリ性のものがあります。女の子の赤ちゃんが欲しいのであれば酸性の潤滑ゼリーを、男の子が欲しいのであればアルカリ性の潤滑ゼリーを使用すればよいわけです。国内産と海外産のものがありますが、海外産のものは副作用が怖いので、より安全性を求めるのであれば、多少価格が高くても国内産のものを購入するようにしましょう。

まとめ

完全に産み分けることは出来ないものの、確率を高めることは可能です。もし女の子が欲しいのであれば、膣内は極力酸性にしておくように心がけましょう。より確率を高めたいなら潤滑ゼリーを併用しても良いでしょう。