男の子を望んでいる人の産み分けのポイントは、卵子に多くのY精子を届けることです。常に女性の膣内は酸性の状態ですが、最も酸性度が下がるのが排卵期であり、活発にY精子が動きやすくなります。この時期をターゲットにして、できるだけ多くのY精子を届けます。

パートナーとのスキンシップは排卵日直前か当日に

男の子を望んでいる人の産み分け方法として、男女のスキンシップのタイミングも大事です。Y精子はアルカリ性に強くて酸性に弱いため、膣内の環境がY精子にとって有利な時を狙います。膣内は酸性ではあるものの、排卵日の直前から当日はアルカリ性に傾くため、性交は排卵日直前か当日にすることです。活動性が高いY精子は泳ぐスピードも速いものの、寿命は短くて酸性の環境には弱いところがあります。頸管粘液が多く分泌されるのが排卵日なので、最も膣内の酸性度が下がる時期です。排卵しなければ卵管膨大部にY精子がたどり着いたとしても、Y精子の短い寿命が終わることもあります。

数日の禁欲をして性欲の量を増やしておく

男の子希望の産み分けをするためにも、数日の禁欲で精子量を増やしておくことです。Y精子が多くあることが男の子の産み分けには必要ですが、実際の割合として多いのは女の子になるX精子なので、3日から5日は禁欲をします。数日の禁欲をすることで精子量は増えますので、精子量を増加させたうえでの性交渉です。日数的には3日から5日ほどでよいのは、あまりにも禁欲の期間が長すぎると、逆に精子の受精力が低下をするためであり、ほどほどにためておきます。性交渉では男性器を、できるだけ深く挿入をするようにして、膣内の産生に精子を触れさせないにするのもコツです。

オーガズムを感じる性交渉を心がけること

男の子を願う産み分け方法として、オーガズムを感じる性交渉を心がけるのは大事であり、気持ちが良いと女性が感じられることを目指します。性的な刺激を助成が受けることで、オーガニズムを感じることができると、宮頚管粘液の分泌が良くなるためです。アルカリ性の分泌が増えることで、酸性似た通った膣内では中和が起こります。個人差があることから、オーガニズムを感じにくかったり、膣内の産生が強いこともあるため、膣内に男の子用ゼリーを注入するのも一つです。女性の膣内の、アルカリ性と酸性をバランスよく調節をしてくれるため、専用ゼリーを購入して使うこともできます。

まとめ

男の子を望んでいる人場合、産み分け方法して、排卵日を意識したり禁欲などの方法もあります。本気で男の子を願うのであれば、女性側だけではなく、パートナーの男性の協力も必須です。Y精子を多く届けるために数日間の禁欲をしたり、女性が気持ち良いと感じる成功を目標にします。