産み分けには食べ物も影響するため、酸性食品とアルカリ食品を意識することです。赤ちゃんを授かるだけでも喜びですが、希望の性別で生まれてきたらもっと嬉しいですから、日頃から食品の栄養にも関心を持つようにします。

X染色体とY染色体の精子の違い

産み分けをするためにも基本的な、X染色体とY染色体を理解しておきます。X染色体で女の子になるX精子の特徴は、アルカリ性に弱くて酸性には強いことです。Y染色体よりも数は少ないものの、ゆっくりとした動きで2日から3日という、長めの寿命が与えられています。Y染色体で男の子になるY精子の特徴は、酸性には弱くアルカリ性に強いことです。動きはとても速くて寿命は1日と短いですが、数としてはX染色体のおよそ2倍になります。数字的に2倍もあるなら、確率的に男子が生まれる確率が高いと感じますが、膣の入り口は酸性であるため、そこでダウンする割合も多く、確率的には男女とも50%ほどです。

男の子を願うならば食べ物は酸性食品を

産み分けで男の子を願うのであれば、食べ物は酸性食品をとりいれることです。Y精子と卵子が無事に結合をすることができれば、赤ちゃんは男の子が生まれることになります。男の子が生まれることになるY精子が得意とするのは、アルカリ性の方であり、食事でもアルカリ性食品を献立には取り入れることです。でょく品そのものがアルカリ性というよりも、体内でアルカリ性に変わる食材を意識することです。具体的には、玉ねぎやカボチャにアスパラガスなど、野菜は日ごろから積極的に食べます。海藻類やキノコ類にこんにゃくや、豆腐や納豆などの大豆食品に、ナッツ類や梅干しなどもアルカリ性食品です。

女の子を授かりたいときには食べ物はアルカリ食品

赤ちゃんは女の子が欲しいのであれば、食事ではアルカリ性食品を摂取します。X精子に問ては酸性の方が得意であり、女の子を誕生させる確率を高めてくれます。酸性の食品が全て酸味が強いという意味ではなく、450度で食品を燃やした灰を水に入れて、ペーハーを判定した結果であり、食材のミネラルが酸性ということです。酸性食品としては、肉類や魚類に卵、お米などの穀類もあります。女の子を希望するとき酸性食品を献立に入れるようにしますが、野菜も必ず食べてバランスを考えることです。食事は偏りすぎないこと、カフェインや精白した砂糖の、過剰摂取は控えるようにします。

まとめ

産み分けには食べ物も影響するため、男女別で酸性食品とアルカリ食品を意識します。過剰に偏りの多い食事をしても、体内のpH値が過度に片方に傾くことはありません。過剰な摂取は中和という仕組みが体内で起こるため、酸性やアルカリ性の食べ物を意識しながら、栄養バランスを考えてる必要があります。