赤ちゃんが欲しいと考え始めたときに、漠然と「どちらの性別が良い」と想像する方もいるでしょう。より積極的に「どちらか一方の性別」を希望する場合には、「産み分け」に挑戦するのがオススメです。成功率をアップするためのポイントを紹介します。

できる限り正確に排卵日を予測すること

普段の生活の中で、女性が「排卵日」を意識する機会はほとんどありません。身体の中でごく当たり前に行われている作業で、知らない間に終わってしまうという方も多いはずです。しかしいざ妊娠や産み分けを意識し始めたときには、この排卵日を正確に予測することが重要なポイントとなります。特に女の子を産み分けしたいと願うときには、「排卵日の数日前」に夫婦関係を持つのが理想的だと言われています。これにより、寿命が長いX染色体を持つ精子が受精しやすくなるためです。排卵する前に排卵日を予測するわけですから、決して簡単なことではありません。

排卵検査薬を上手に使いましょう

排卵日をなるべく正確に予測するためにつかえるのが、排卵検査薬です。この検査薬を使うことで、女性は「自身の体の中できちんと排卵が起きているのか」や「いつ排卵しているのか」を知ることができます。使い方は簡単で、排卵日が近付いてくると検査用紙に印が表れてきます。排卵日をピークにして印は濃くなり、やがて薄くなっていきます。これを毎月繰り返しているのです。もし可能なら、実際に産み分けに挑戦する前に、幾月か自身のデータをとってみましょう。「薄く色づき始めたタイミングが、排卵2日前」などのリズムをつかめれば、成功率もアップします。

医師のサポートを受けるのもオススメ

排卵のペースが一定ではない場合、検査薬のみで産み分けをするのは難しいかもしれません。このような場合には、産み分けをサポートしてくれる医師の力を借りてみてください。医師なら、実際に女性たちの身体を診察した上で排卵のタイミングを知ることができます。また成功率をアップしてくれるピンクゼリーやグリーンゼリーを出してくれるクリニックもあります。相談できる相手がいるということで、女性側の心の負担も少なくできることでしょう。また医師にかかることで、妊娠にまつわる機能の悩みについても、同時に相談できるというメリットもあります。

まとめ

排卵日の予測がずれれば、せっかくの産み分けも意味がないものになってしまいます。特に女の子の産み分けは男の子よりも難しいとされていて、成功率も低めです。できるだけ可能性をアップさせたいと願うなら、便利なアイテムも活用してみてくださいね。