グリーンが男の子、ピンクが女の子を授かる確率が上がるとされる産み分けゼリーは、どのタイミングで使うかがよくわからないという人は意外と多いと思われます。特に、初めて産み分けゼリーを使うということであれば、指導してくれる人が必要です。

産み分けができる時代になったからこそ

性別の選択をして子供を産むことが可能になった今、あらかじめ男の子と女の子のどちらが欲しいかを決め、そのためのアプローチをとる人が増えてきました。最初から性別を決めてしまうことに対する倫理的な問題は議論されるところですが、希望を叶えたいという親の気持ちも理解できます。そのため、男の子が欲しいならグリーンのゼリーを、女の子が欲しいならピンクのゼリーを使うということはよく知られるようになりました。一人だけしか子供を作らない夫婦も多いだけに、実際に使ってみた場合の産み分けゼリーによる成功率が気になるところです。

ゼリーを使うタイミングを教えてくれる人

インターネットで調べると、産み分けゼリーを使うタイミングはいつなのかという情報がわかります。もっとも気になるのが排卵前がいいのか、それとも排卵後がいいのかということでしょう。一般的に生理の前後1週間ずつの間は妊娠しやすいとされていますので、妊娠しやすさを考えると排卵後がいいのではということになります。とはいえ、ネット上のニュースでは、女の子を望む場合には排卵日の二日前だけがいいという情報もあり、混乱してしまいます。こうなると、医学的観点から産み分けを指導してくれる存在が必要です。つまり、産婦人科医です。

ゼリーだけを使った確率を調べてみると

産み分けゼリーを使って妊娠を試みた人のデータを調べてみると、男の子を希望してグリーンゼリーを使った人のうち、80~90%が男の子を授かったというデータが出ています。また、女の子を希望してピンクゼリーを使った人は、70~80%が女の子を授かったという結果になっています。このデータを見る限りにおいては、完ぺきではないにしても、かなり高い確率で希望する性別を授かっていることが分かります。ゼリーを信用し、さらには使用するタイミングを的確に教えてくれる医師の存在を得れば、産み分けゼリーは体に負担の少ない産み分け方法といえます。

まとめ

実際に産み分けゼリーを使って子どもを授かった人のデータを見ると、かなり希望通りになる確率が高いでしょう。ただ、排卵前がいいのか排卵後がいいのかで迷ったら、専門家である産婦人科医のアドバイスを受けることも検討するのがおすすめです。