ピンクゼリーを使用すると、妊娠しづらいという噂をたまに聞きます。 しかし、ピンクゼリー自体は膣内のPHを調整するだけなので、妊娠しにくいというようなことはありません!

 

妊娠しにくいという噂の背景としては、

・女の子を希望するあまりストレスがかかっている。

・ 女の子の産みわけは排卵日2日前を狙うが、予想がズレてしまい排卵日3日前・4日前のタイミングになってしまっている

などが挙げられますね。

 

 だから、ピンクゼリーを使用するしないに関わらず、 産み分けで女の子を狙う場合は、長期戦になると考えたほうがいいかもしれません!前もって、長期戦になると考えておけば、ストレスがかからなくて済むと思います!でも、長期戦になったとしても、産み分けで女の子を狙えるなら試す価値はアリだと思います!

女の子の産み分けをするために、旦那さんと仲良くするタイミングはいつ?

旦那さんと協力する日は排卵予定日の2日前です!なぜ排卵予定日の2日前になるのか?

それは、Y精子とX精子の寿命の違いで説明できます。

Y精子は男の子になる精子、X精子は女の子になる精子

Y精子の寿命は約1日、女の子になるX精子の寿命は約2~3日です

 

女の子を産み分けるときは、なぜ排卵予定日の2日前なの?

 

排卵予定日の2日前に射精すると、X精子・Y精子の寿命の違いから排卵日にX精子だけが卵子と出会えるんです

 

「排卵日1日前でもX精子だけが卵子と出会えるように見えるけど・・」と思った方・・ 実は、その通りなんです!

 

では、なぜ排卵日2日前を狙うのか?

それは排卵日を正確に予想することが難しいからです。 ただ、予想が外れてしまって排卵日1日前に旦那さんと仲良くなっても、 男の子になる精子がわずかに残っている可能性もありますが、女の子がうまれる可能性のほうが高い

だから、「排卵日2日前を狙っておけば、多少ズレても女の子が生まれやすい」ということなんですね!

ピンクゼリーを使われた方の口コミ 

我が家には男の子が2人いて、ピンクゼリーを使って現在3人目を妊娠中です。
でも、性別はまだ分かりません。
 産み分けについては色々と調べたのですが、パーコール法を実施されているクリニックを私は見つけられませんでした。
おそらく、ピンクゼリーによる産み分けが日本では主流かと…。

 私がピンクゼリーを購入したクリニックのお話では、
「排卵日2日前にピンクゼリーを使用してあっさりセックス」という条件を守れば
7~8割方女の子が生まれるとのことでした。

同じマンションのママさん2人も、産み分けで3人目は女の子を産みました。
ただ、排卵日2日前の子作りということで、妊娠率自体が下がるようです。

 私は流産も経験しているので、夫婦で話し合って、「3人目が男の子でもいい」という覚悟を決めて
産み分け方法に挑みました。出産まで、性別はお楽しみにしようと思います。

 

産み分けピンクゼリーの成功確率や妊娠しにくいという噂についてのまとめ

ピンクゼリーを使って産み分けをしたときの産み分け成功確率は80%です! 妊娠しにくくなるという噂もありますが、
ピンクゼリーが原因で妊娠しにくくなるということはないので、安心してくださいね!

安心安全な産み分けピンクゼリーが発売されました!

ピンクゼリー

国産で、成分表示がしっかりと公開されているピンクゼリーが発売されました! このピンクゼリーは、100%天然成分の日本製で、 産婦人科医との共同開発で生まれたピンクゼリーなんです。
 だから、成分も安全で、安心して女の子を産み分けできる商品です。産み分けを成功させたい方は参考にしてくださいね!

公式サイトをチェック