子供は社会の宝であり、特に最初のこの場合性別問わず元気で生まれてくれれば性別は気にしないと考えるのは当然のことです。しかし二人目や三人目を考える場合、性別が気になるという人も少なくありません。そんな時に強い味方となってくれるのが産み分けゼリーです。

産み分けゼリーのメカニズムを知る

産み分けゼリーとは性交渉の時に利用することで、産み分けの手助けを行ってくれる潤滑ゼリーのことです。男の子用と女の子用があり、利用することで希望する性別の赤ちゃんを授かりやすくなる傾向にあります。そのメカニズムですが、赤ちゃんの性別は男性側の精子の染色体によって左右されることになりますが、産み分けゼリーを使用すると、希望する性別が男の子であればY染色体が卵子にたどり着きやすいように女性の膣内をアルカリ性に、女の子であればX染色体が卵子にたどり着きやすいように、膣内を酸性にすることができるのが特徴です。

メカニズムを知ったら使い方を覚える

産み分けゼリーのメカニズムを知ったら、次は使い方について知っておかねばなりません。性交渉の際に利用する潤滑ゼリーというと、多くの人はそのまま利用すると考えがちです。しかし誤った使い方をしてしまうと効果が得られないこともあるため注意が必要です。まず性交渉を行う前に、ゼリーを40度前後のお湯で溶かします。この時あまりに高温だと膣内を傷つけてしまうことがあるため、少しぬるく感じるぐらいの方が良いでしょう。次にゼリーが溶けたら附属の注射器のシリンダーを利用し、女性の膣内に深く挿入します。その後5分程度待ってから性交渉を行うことで、ゼリーの効果を最大限に発揮することができるとされています。

産み分けゼリーを使う上での注意点

産み分けゼリーを使う上での注意点として挙げられるのが、あくまで産み分けの手伝いに過ぎないと言う点です。確かにゼリーを使えば高確率で産み分けが行なえますが、日頃の食生活や生活習慣によって思ったような効果が得られないことがあります。ゼリーだけに頼るのではなく、常日頃から体の状態をアルカリ性や酸性に保つ事が重要です。次に挙げられるのがコストに関する点で、通常の潤滑ゼリーに比べると、害がないように自然由来の成分が多く含まれています。そのため無計画に利用していると、家計に重い負担となってしまうこともあります。女性の体調などをしっかり勘案し、計画的に利用すると良いでしょう。

まとめ

産み分けゼリーには非常に大きな利点がある一方、注意点などをチェックしておかなければ、思ったような効果が得られないことがあります。使用する前に使い方や注意点などを夫婦でしっかり押さえ、利用することをお勧めします。