これから妊娠を計画をしている人の中には、希望する性別がある人もいるかもしれません。しかし産み分けは確実な物では無く、あくまで確立を少しでも上げる為の物になっています。そんな産み分けについて紹介するので参考にして下さい。

いつ女の子と男の子の性別が決まるのか

一人男の子がいるから今度は女の子が良いなど、産み分けを希望している人も中にはいるのではないでしょうか。しかし産み分けは大変難しく、絶対に希望する性別が生まれると言う訳ではありません。しかし少しでも確率を上げる事が出来るならと挑戦する人も多くなっています。そこでそんな産み分けの方法の中でも、女の子を産み分けする方法について詳しく紹介していきましょう。まず、女の子か男の子かは精子の持つ染色体の種類で決まります。女の子になる染色体がXで男の子になる染色体がYです。このどちらの染色体を持った精子が卵子と受精するかにより性別が決まっていくでしょう。

排卵後は男の子のY精子が有利になる

また、X精子とY精子にはそれぞれ特徴があります。女の子になるX精子は酸性に強くアルカリ性に弱い性質があり、Y精子は酸性に弱くアルカリ性に強くなっています。排卵日が近づくと筒内は酸性に傾く為、女の子が希望であれば排卵日の2日前にタイミングを計ると良いでしょう。なぜ2日前かと言うと、女の子のX精子はY精子よりも寿命が長くなっています。その為、排卵日前にタイミングを計る事で、男の子のY精子の数を減らす事が出来るでしょう。もし排卵日後にタイミングを測った場合、排卵に合わせて保たれていた膣内の酸性が排卵と同時に徐々に弱くなってしまうので、排卵日後はY精子が有利になります。その為、排卵日後のタイミングでは男の子の確率が高くなるでしょう。

女の子用の産み分けゼリーとはどの様な物なのか

また、女の子希望の方が使用する女の子用の産み分けゼリーと言う物があります。名前はおいしそうですが実際は食べる物では無く、膣内に入れて使用するゼリーです。女の子用を使用する事で膣内が酸性になり、女の子になるX精子が活発に動ける環境を作る事が出来ます。使用する場合はお湯で溶かし、膣内に注射器状の容器などで注入します。ただし直接膣内に使用する物ですから副作用が気になると言う人もいるのでは無いでしょうか。この産み分けゼリーは天然由来の物など安全性の高い成分を使用している物が多いので安心して使用する事が出来ますが、やはり商品によって使用している成分が異なります。その為、使い方や副作用がやはり気になると言う方は自分で排卵日前のタイミングを狙うか病院に行って指導してもらう事をおすすめします。

まとめ

女の子希望の場合、膣内の酸性度が高い排卵日2日前のタイミングが有効です。排卵日後は膣内の酸性度が弱まってしまうので、男の子の精子のY精子が有利になるでしょう。女の子用の安全性の高い産み分けゼリーなどもありますが、使用する場合はきちんと成分をチェックし、それでも副作用が気になる場合は排卵日前のタイミングを狙う事をおすすすめします。