産み分けは成功するのかの科学的根拠としては、100%の確率で成功するとはいえません。科学的に専門家が立証した産み分けの方法を、実際に実践したとしても、全てが成功するとは言えないものの、成功をする可能性はあります。

補助商品を使わないタイミング法や酸アルカリ法

補助商品を使わない産み分けの方法として、タイミング法や酸アルカリ法もあります。膣の持つ状態と精子の特徴を活かしたタイミング法は、科学的根拠に基づいている産み分け法です。毎月の排卵日を確実に予測をして、希望の性別の精子のみを子宮に向かわせる方法は、チャレンジ後の成功率としても7割前後になります。正確な予測の困難さや、病院に通院をして検査をしたり、費用面もかかることからも、難易度としては高いです。酸アルカリ法は、精子の酸性濃度を利用しています。女性側が性交渉の際に、オーガニズムを感じることができると、性別は男の子という判断です。

バイオリズム法や専用カレンダーの活用も

バイオリズム法とは、統計を基にしたバイオリズムを利用します。バイオリズムは臨床心理学で導き出されたものであり、膣の状態が確実にバイオリズムに則っているかは、確実なものとは言えないことから、科学的な根拠は若干低めです。膣内の酸性濃度を確実に変えることができるのであれば、精子の特徴を活用した科学的な方法になります。女性の誕生日と性交渉の月で生みたい性別の月を選び性交渉をするのは、産み分けカレンダーを利用する方法です。ブラジルや中国での統計により、専用カレンダーは作成されています。旧暦に直して表を見ていくので少し手間がかかりますが、当たる確率は6割ほどなので、科学的な根拠は全くないものの、トライの価値はある方法です。

ゼリーなど産み分け補助商品を使った場合

男の子の産み分けに人気があるのがリンカルであり、成功率は高いものの科学的な根拠はないです。病院でも勧められるほどであり、3か月ほどは必ず飲み続ける必要がありますし、継続的な服用が途絶えたら、新たにスタートをすることになります。ひと月でおよそ2千円ほどですが、成功をする期間を考えてみても、軽く1万円以上はかかりますし、長くなれば数万円かかることもあるので、費用面を考えて開始することです。希望の性別の出産を目指した時、産み分けの方法は何かに固着をするのではなく、成功させるには組み合わせることも必要です。病院で進められる補助商品として、現代の主流は産み分けゼリーです。

まとめ

科学的根拠を調べてみることで、さらに高い産み分けの成功を目指すことができます。実際には科学的根拠がない方法も一般的には採用されており、組み合わせて実践することで、成功率を高めるという考え方もできるため、組み合わせと継続的実践も大事です。