出産する人にとってお腹の子供が男の子か女の子かとても気になりますよね。そんな中、女の子が欲しくて産み分けを希望している人も中にはいるのではないでしょうか。そんな産み分けの方法についてや年齢別の成功率など詳しく紹介しているので参考にして下さい。

X染色体、Y染色体で性別が決まる

妊娠は奇跡的な事ですが、中には女の子が欲しいなど、産み分けを希望している人もいるのではないでしょうか。しかし、女の子が欲しいと言ってもそう簡単に産み分けをする事が出来ると言う訳ではありません。では女の子、男の子の性別が決まる仕組みはどの様になっているのでしょうか。性別が決まるのは、卵子に女の子になるX染色体の精子と男の子になるY染色体の精子のどちらが受精するかで決まります。X染色体の精子は酸性に強く、アルカリ性に弱い性質を持っています。寿命は3日程度とY染色体よりも長くなっているでしょう。Y染色体はアルカリ性に強く酸性に弱い性質です。また、寿命は1日程度と短くなっています。

女の子が欲しい、そんな時はどうすれば良いの

女の子と男の子が生まれる仕組みが分かりましたが、実際産み分けをする場合どの様にすれば良いのでしょうか。それは膣内が酸性であるかアルカリ性であるかが大きく関わってくるのではないでしょうか。女の子のX染色体の精子が酸性に強くアルカリ性に弱いと言う性質から、膣内を酸性にする事でX染色体の受精率を高める事が出来ます。そこでおすすめするのがピンクゼリーです。このゼリーは膣内を酸性に保つ事が出来るゼリーであり、女の子の産み分けに最適です。使用方法は、ゼリーをお湯で溶かして注射器状の容器で膣に注入し、性交するという物になっています。また、近年高齢出産が増えていますが、年齢が上がれば上がる程受精の確率は少なくなります。その為、産み分けをするのであれば出来るだけ若い内に行った方が確率は高くなるでしょう。

ピンクゼリーに副作用はあるのか

そんなピンクゼリーですが女の子の産み分けで使用する場合気になるのがその副作用です。膣内に直接ゼリーを入れるのですからやはり副作用が気になる人も多いのではないでしょうか。このピンクゼリーはほとんどの場合、自然由来の成分で出来ている為安全性が高い物になっています。その為、副作用の心配など無く、安心して利用する事が出来るでしょう。ただし、商品によっても使用されている成分が異なるので、購入する場合はしっかり成分をチェックする事をおすすめします。また、100%産み分けが成功すると言う訳では無いので、使用する場合はその事をしっかり頭の中に入れておきましょう。また、30歳を過ぎての出産の場合、年齢が上がれば受精率がどんどん下がってしまいます。1歳上がれば3%程度低下するとも言われているので注意が必要です。

まとめ

妊娠を希望している人の中には、女の子を希望している人も中にはいます。そんな方におすすめするのがピンクゼリーです。使用する事で膣内を酸性にする事でX染色体の精子の受精率を高める事が出来るので是非使用してみましょう。また、年齢が上がればその分受精率が下がってしまうので、産み分けをするのであれば出来るだけ早めに開始する事をおすすめします。