赤ちゃんを授かったということだけでもめでたいことなのですが、昔から一姫二太郎というように、男女で育てやすさに差があるのも事実です。また、男の子と女の子の両方が欲しいということになると、どうしても産み分けを意識せざるを得ない状況になってきます。

臨床実験によって効果が確認されている

医療機関で相談すれば、男女のどちらを希望するかという産み分け治療を受けることができますが、産み分けたいけれど、治療を受けることには尻込みしてしまう人もいると思われます。医療機関にいかずに、何とか自分で状況を打開する方法としては、サプリを用いるのがおすすめです。今や、健康作りや健康維持はもちろん、妊娠したい女性も積極的にサプリを用いて妊活を行っています。その結果、子どもを授かったという声が多く聞かれるようになったのを受けて、男女の産み分けにもサプリが効果的なのではと考えられるようになってきました。

男の子と女の子で定番サプリが存在

産み分けを希望する女性たちの間では、男の子を希望するならこのサプリ、女の子ならこのサプリという物がすでに存在します。男の子はリン酸カルシウム、女の子はクランベリーです。そもそも、男の子になるか女の子になるかは、染色体の組み合わせによって決まります。その染色体は、酸性とアルカリ性にわかれるという特徴がありますので、受精時にどちらの状況を有利にするかによって、男女の産み分けは可能になると言えます。クランベリーが女の子の産み分けに適しているのは、ポリフェノールという酸性物質が豊富に含まれているからです。

手軽に手に入れられるというメリット

男の子が欲しい場合のリン酸カルシウムのサプリも、女の子が欲しい場合のクランベリーもどちらも手軽に入手することができます。サプリは手軽に始められ、自分の意思で行えるところが一番のメリットです。また、医療機関での治療と比べた場合、費用面においても身体面においても負担が軽くなる可能性が高くなります。どちらも摂取にあたって体によくない成分ではないので、安心して自分のペースで計画が練られるところもメリットでしょう。不確定要因は残しながらも、サプリなら自然な形で産み分けができるのではと思える点は、精神的にもよい影響をもたらすと思われます。

まとめ

医療機関に行けば、確実に男女の産み分けができるとわかっていても、治療をするまでには踏み切れないという場合には、産み分けに効果的とされるサプリの利用がおすすめです。自分のペースでできますし、不特定要素を残すことにより、どちらかを選んでしまったという倫理的観点から苦しむのを回避できます。