男女の産み分けをする方法は、書物や色々なサイトにも載っています。しかし、必ずしも成功するとは限りません。でも、知っているかどうかで成果は変わることもあります。参考程度には知識を得ておくことが大切です。また、まず最初に妊娠ができる身体であることが条件です。高齢や不妊症、生理不順などの場合は確率も下がります。まずは体の調子を整えることを優先してみましょう。

ある一定の条件をクリアした状態で始める

産み分けにチャレンジするにはある程度の条件が必要になります。まずは自分の身体が産み分けできそうな状態にあるかどうかです。女性の場合は月に一度の生理のリズムが規則正しいことは勿論ですが、排卵がしっかりされているかもポイントです。そして自分の身体に妊娠に不都合な疾患がないかどうかも大切です。そして何よりもパートナーが協力してくれる時間があることも挙げられます。そしてあまり妊娠にばかりとらわれているとかえって精神状態がよくなく赤ちゃんを授かりにくくなることもあり得ます。心の余裕をもって取り組む事が大切です。

排卵日のタイミングを知る事も大切なこと

産み分けに大事なことは排卵日のタイミングを知ることです。基礎体温を記録していると数か月もすれば低温期と高温期の体温の差を知ることも出来ます。勿論毎月同じに整理がやってくることはありませんが、大体、毎月前後5日以内でくるくらいであれば、問題ありません。しかし、中には生理不順で一ヶ月以上あいたり、過多月経だったりすると排卵日を予測しにくくなります。それだけで産み分けする際の難易度があがります。通院する場合も排卵日を予測するためには病院に通うことになります。肉体的にも金銭的にも負担がかかることになります。また、毎朝忘れずに基礎体温を測ったりと、夫婦共々根気が必要なこともあります。お互いをいかにいたわりあえるかも大切です。

男女の産み分けをする際の基礎知識

まずは基礎体温をつけて自分の生理が何日の周期でやってきているかを知ります。そしてそこから見出した排卵日を予測することから始めます。最近では便利な体温計もあります。排卵検査薬という薬も薬局で簡単に手に入りますので使ってみるのも良いかもしれません。一般的には男の子が欲しいと願う場合には排卵日当日に女の子を望む場合には排卵日よりも2~3日前に性交を行う事が良いとされています。また男の子を望む場合には精子の濃度をあげるための努力なども必要です。女の子を望む場合には反対に精子を薄める為に生理が終わってから受胎のための性交までに二回ほど行うのが良いとも言われています。しかし、これはその限りではありません。個人差があることを覚えておく必要はあります。

まとめ

あくまでも産み分けは参考程度に留めておくことが大切です。無事に妊娠し、出産すること自体も奇跡です。赤ちゃんが健康に誕生してくれれば性別なんてどちらでも良いことですがやはり、中には事情があり、産み分けが出来るのであればどちらかの性別の子が欲しいと願う人もいるでしょう。妊娠力をあげるためには、まずは日頃からホルモンバランスを整えて規則正しく生活することが前提です。