女の子がほしいと希望しているときには、ひとつの方法として産み分けをするという方法があります。仕組みはとても簡単で、性行為を行う際に、産み分け効果のある潤滑ゼリーを利用する方法ですゼリーを利用することで、希望する性別の子供を授かりやすくなるという仕組みとなっています。

どうしても女の子がほしいと考えているときには

子供を授かりたいと考えているときには、女の子男の子など、どちらを希望するのかそれぞれの夫婦によってもことなってきますが、男の子ばかりの家族となるとどうしても、女の子がほしくなってしまうことも少なくありません。女の子を授かりたいとかんがえているときには、方法として産み分けゼリーを使うという方法があります。ゼリーを使うことによって、女の子を授かる可能性を高めるという事ができるようになるため、なにもしないときに比べると、女の子を授かる可能性をぐんと高めることができます。ゼリーは、性行為をする際に利用するもので女の子専用、男の子専用のものが販売されています。

ゼリーはどんな仕組みとなっているのかを知ることで

産み分けの効果を期待することができる産み分けゼリーは、女の子男の子どちらを授かるのかをサポートしてくれる機能があります。性別というものは、精子の染色体によってきまることから、女の子がほしいときには、X染色体をもつ精子を受精することで女の子になります。ゼリーには、膣内を酸性もしくはアルカリ性に調整することが可能となるためx、yどちらの染色体を受精しやすくできるかのサポートを期待することができます。ゼリーによって膣内の環境を整えてあげることができるため、女の子を妊娠しやすくするといった効果を期待することができるようになっています。

使用するための方法をしっかりと把握することが大事

産み分けゼリーの仕組みは、とても簡単なものですが、使用するときにはしっかりと産婦人科を受診する必要があります。しっかりとした知識を身に付け、使い方も指導を受けることで、安心して利用をすることが可能となります。使い方はとても簡単なもので、ゼリーをお湯でとかし、膣内に挿入する方法が一般的です挿入してから数分後に性行為を行うことで効果を期待することができるので、希望の性別の子供を授かる可能性を高めることができます。産み分けゼリーはリスクはすくなく、安心して利用をすることができるため、希望の性別がある場合には、利用するという選択も選ぶことが可能です。

まとめ

女の子がほしいと考えているときには、女の子を授かる可能性を高めることができる産み分けゼリーを活用する方法があります。きちんとした指導を受けることで、女の子を妊娠しやすいからだにととのえてあげることができるため、希望の赤ちゃんを授かりやすくなるという特徴があります。